homeHOME
特進館のこだわり
成績が伸びる理由
開講コース
入塾の流れ
校舎紹介
Twitter
兵庫県三田市の特進館学院は普通の成績でもトップ校を目指すことができるスーパー進学塾

特進館のこだわり OUR POLICY

特進館のこだわり
特進館学院の理念
*

特別に高い学力がなくても、進学への君の強い志があれば
特進館の授業とシステムで夢はきっと叶います。

「生徒がほんとうに成果を分かち合える」をコンセプトとした、理想の進学塾を目指します。
特進館学院という名を聞けば、何か「レベルの高い人しか入れない進学塾」という印象を与えてしまうかもしれません。が、それは大きな間違いです。 私たちは、普通の成績でも、志さえあればしっかりとフォローを行い、やる気を呼び覚まし、苦手は「いつ苦手になったか?」を検証し、その原因を解明。解き方の楽しさを一緒に学び、トップの志望校に合格させる。そのしくみを復活させ、再び実現すること。それが特進館のこだわりです。 35年以上培った進学指導の精神を、私たちは特進館学院の進学指導にしっかりと活かし、地域に根差した教育に努め、地域の皆様とともに歩んでいきたいと考えています。理想の進学塾「特進館学院」の指導に、どうかご期待ください!
生徒に指導する代表 北村
特進館学院 代表
北村 昌弘
開成教育セミナー(神戸三田)創業者

特進館学院の理念

*
感動
POLICY 01

つねに生徒・保護者に
感動を与え続けます。

私たちは、生徒たちの志望校、つまり「行きたい学校」への夢を実現してもらうため、授業中はもちろん、授業外やその他においても、常に〝感動〟を与え続けることができるよう、日々の実践と気配りを怠りません。
つねに生徒・保護者に感動を与え続けます
協調
POLICY 02

生徒・保護者と協調しながら、
お互い切磋琢磨します。

押しつけがましい一方的な指導では、決して生徒の学力は向上しません。私たちは、ご家庭と塾とがつねに連携し、コミュニケーションを取り合いながら、生徒の未来をしっかりとサポートできる、〝協調〟の精神を忘れない進学塾として切磋琢磨します。
生徒・保護者と協調しながら、お互い切磋琢磨します。
本気
POLICY 03

どんな場合でも、
本気で立ち向かいます。

教育に〝中途半端〟は絶対に許されません。どんな場合でも、決して妥協せず徹底して生徒・保護者と向き合い、しっかりと結果を出して満足が得られるまで、つねに〝本気〟の精神を忘れません。
どんな場合でも、本気で立ち向かいます。
利他
POLICY 04

教育の原点の、
利他の精神を心がけます。

教育の原点は、「相手の目線」に立って行動することです。私たちの指導は、まず「生徒がどう考えるか、どうありたいか」を指導方針の第一に据え、つねに相手の立場でものごとを一生懸命に考え、〝利他〟の精神で、親身の指導を心がけます。
教育の原点の、利他の精神を心がけます。
謙虚
POLICY 05

「先生」と呼ばれても、
謙虚な心と感謝の言葉を忘れません。

「先生」と呼ばれる職業は、得てして傲慢になりがちです。私たち進学塾は、「教育サービス業」であるという立場をわきまえ、生徒も保護者も「お客様」という概念で臨み、つねに〝謙虚〟な心で、「ありがとうございました」という感謝の言葉を大切にします。
「先生」と呼ばれても、謙虚な心と感謝の言葉を忘れません。

今から約20数年前、生まれ育った大阪を離れ、ここ三田の地で小さな学習塾を立ち上げました。たった2人の講師とわずか21名の生徒でスタートした塾。小さくても夢は大きく、生徒たちへの進学指導には確固たる信念がありました。それは、「教務力を磨き、確かなシステムと限りない愛情を持って熱く指導すれば、必ず学力が伸びて志望校に合格できる」。ただそれだけが、私の変わらぬ信念でした。

私たち塾人は、生徒たちの夢を叶えることが大きな使命。そのために、「生徒の〝今〟を見つめ、〝過去〟を見つめ、〝未来〟を見つめる」ことが基本となります。私たちは、生徒一人ひとりをしっかりと見つめるため、親身に熱く指導しました。時にはテスト当日の早朝勉強。時には朝まで深夜特訓も…。送りの車の中で人生相談を受けたり、夢を語り合ったりすることもしばしば。スポーツでともに汗を流したり、自然体験に出かけたり…。生徒も講師も〝楽しかった〟からできたのだと思います。

私たち塾人は、生徒たちの夢を叶えることが大きな使命。そのために、「生徒の〝今〟を見つめ、〝過去〟を見つめ、〝未来〟を見つめる」ことが基本となります。私たちは、生徒一人ひとりをしっかりと見つめるため、親身に熱く指導しました。時にはテスト当日の早朝勉強。時には朝まで深夜特訓も…。送りの車の中で人生相談を受けたり、夢を語り合ったりすることもしばしば。スポーツでともに汗を流したり、自然体験に出かけたり…。生徒も講師も〝楽しかった〟からできたのだと思います。

トップへ戻る

© Hotline Co.,Ltd. All Rights Reserved.