10月12日(土)、台風接近により『完全休室』といたします。

明日、10月12日(土)の完全休室につきましてお知らせいたします。

現在、猛烈な勢力の台風19号が北上中です。
10月12日(土)には本州に上陸する可能性が非常に高く、厳重な注意が必要な状況となっております。

12日 (土) は、三田市周辺も午前中から暴風警報が出る可能性が高く、万一発令されない場合でも、台風の中心気圧が非常に低いため、台風から離れていても強風が吹き荒れる可能性があります。
つきましては、通塾の際、お子さまへの危険が生じると判断し、『12日(土)は、終日休室』の措置といたします。
12日(土)に実施予定でした直前ゼミは、14日(月・祝)14:00~17:00に振替実施をいたします。

なお、13日(日)12:00~18:00の自習室は通常開室の予定です。

また、今回休講となった授業の振替は原則として行いませんが、必要な場合は次回授業時に担当講師よりお伝えいたします。

俳優 菅田将暉の父「菅生新氏 教育講演会」のご案内

俳優 菅田将暉の父「菅生新氏 教育講演会」のご案内

俳優 菅田将暉の父「菅生新氏 教育講演会」のご案内
当学院では来る11月4日(月・振)に、保護者の皆様を対象に、「菅生新氏 教育講演会」を開催させていただきます。

今回の講師は、当学院の代表北村が10数年前に出演していたテレビ番組で、司会者として大変お世話になった菅生新(すごうあらた)氏。 菅生氏は、長年に渡って起業家交流勉強会「サクセスファイター」を主宰。多くのベンチャー企業を指導し、関西の多くのメディアで活動。1000社を超えるベンチャー企業を取材し、企業顧問や経営指導を務める異色ジャーナリストとして活躍中。

近頃では、ご存知のように俳優〝菅田将暉の父〟としても脚光を浴び、キー局でのテレビ番組出演や教育機関での「子育て講演会」などでも、売れっ子パパとしての毎日を送っています。
「この親にして、この子あり!」。菅田将暉をはじめ、多くの若者を世に送り出した菅生新氏の、特進館学院では今回限定の特別講演会。軽妙な切り口の菅生トークの醍醐味をぜひご堪能ください。

菅生新氏 教育講演会

お申し込みは、こちらの申込用紙からの予約制となっております。当学院としては、8年ぶりの教育講演会となりますので、みなさまぜひご参加を賜りますようお願いいたします。
講演会 参加申し込みフォームはこちら

 

実施要項

◆開催日時
11
4(月・振)13:00〜15:00
<司会進行:北村昌弘>
 1.ごあいさつ(特進館学院 野垣勝彦)
 2.ご講演「これが私の教育論」(菅生新氏)
   ①13:10~ ご講演 ②14:40~ 質疑応答(事前受付)

◆参加対象
塾生保護者(全学年)・そのご友人等

◆お申込み方法
特進館学院ホームページ予約システムを通じて、お手続き〔ご友人の同時入力可〕ください。会場座席数は100席程度ですのでお早めのお申し込みをお願いいたします。合わせて、菅生氏へのご質問もお待ちしております。

講演会 参加申し込みフォームはこちら

◆開催会場
三田市商工会館5階多目的ホール
〒669-1531 三田市天神1-5-33
※お車でお越しの際は、郷の音ホール駐車場をご利用ください(有料)

『中3入試突破ゼミ』開講!

『2020年対応・5科高校入試講座』

〔毎月3回 土曜日15:00~19:10〕理国社 各90分、英数 各70分授業

受講料:一般生 15,120円(税込)

※教材費[入試攻略問題集5教科分]は、別途初回月学費と合算して徴収させていただきます。

開講予定日: 9/7、21、28、10/5、19、26、11/9、16、30、12/7、14、21、翌年1/11,18,25、2/1,8,15

※授業日は、イベントや定期テスト等の日程により変更させていただく場合がございます。

2019年中3入試突破ゼミ通知文

特進館学院の防火対策

先月18日、京都伏見区で発生した「京都アニメーション」放火殺人事件では、日本アニメを通じて世界中の人々に夢を与える多数の若者が死傷するという、35名の尊い命を奪う凄惨な出来事となりました。犠牲者の方々のご冥福を心からお祈りするとともに、負傷者の皆さまには、一日も早いご回復を願っております。

特進館学院では、このような惨事から子どもたちの命を守るため、業界最高水準の防火対策を講じております。ご家庭におかれましても、あらためてご確認をよろしくお願いいたします。

≪特進館学院の防火対策≫

  • ・平面避難を考慮し、1階部分1フロアーに校舎を設置
  • ・すべての室内に、火災報知器・スプリンクラーを設置 
  • ・すべての教室から、外部への避難ドアを設置
  • ・防煙のため、天井高を一般塾の約1.5倍(約4m)に設計 
  • ・校舎内に、全自動防火シャッターを設置 
  • ・間仕切り(ドアを含む)は金属製で、建材に不燃材を使用 
  • ・防災マニュアルを作成。避難誘導の周知を徹底 
  • ・消防署指導による防火訓練・消防検査を年数回実施 
  • ・他、塾生避難訓練も実施予定